古典文学で旅する日本

第2水曜日 10:30~12:00
2021年6月9日~12月8日 全6回
[6/9、7/14、9/8、10/13、11/10、12/8]
※8月はお休みです。
古典文学には、全国様々な地を舞台にした名作があります。ゆかりの文学を知ると、風景を見るのにも感慨が増し、旅行の楽しみが奥深くなります。写真や現代語訳を交え、分かりやすく説明しますので、初心者の方もご遠慮なくお越しください。

◆カリキュラム
第1回 古事記の神話の地 宮崎・島根
第2回 万葉集で読む奈良
第3回  須磨・明石 都を離れた光源氏が見たもの
第4回 西行法師の旅した全国の歌枕
第5回  平家物語・義経記などに読む源平ゆかりの地
第6回 芭蕉の旅路を辿る 奥の細道・野ざらし紀行

18,480円(税込・6回分) 
※別途、設備使用料900円(税込・6回分)がかかります。
吉田裕子(国語講師)
★講師プロフィール★
塾で教えつつ、カルチャースクール・公民館の古典入門講座を担当。笑いやたとえ話を交えた講義は分かりやすいと好評。著書に『万葉集がまるごとわかる本』(晋遊舎)、『徒然草 兼好が教える人生の流儀』(徳間書店)など。東京大学教養学部卒。

お申し込み