これだけは読んでおきたい
「中国古典の名文」

第4土曜日 15:30~17:00
[4/24、 5/22、6/26、 7/31、8/28、9/25]
※7月は第5週です。
厖大な中国古典の名文の中から、“これだけは”という作品を取りあげて、じっくりと丁寧に読み進めます。
第一弾となる今回は、古今に名高い二つの名文、屈原「漁父の辞」と陶淵明「帰去来の辞」を取りあげます。あわせて、文学史的な知識や関連作品にも言及し、読解に必要な基礎的事項もチェックしていきます。文章の妙味を考えていく中で、最終的には、様々なジャンルの作品を読むことができるような、応用力を養うことを目指します。知的好奇心を維持し、楽しく講読できるように、時には私なりの読み方を提示しつつ、現地踏査の経験など、様々な話題も交えて、肩のこらない講座にしたいと思っています。折々に、現代中国音による音読も試みる予定です。

☆カリキュラム        
第1回 屈原「漁父の辞」①
第2回 屈原「漁父の辞」②
第3回 陶淵明「帰去来の辞」①
第4回 陶淵明「帰去来の辞」②
第5回 陶淵明「帰去来の辞」③
第6回 陶淵明「帰去来の辞」④
※進度は多少前後することがあります。ご了承ください。

★講師プロフィール★
1972年、埼玉県生まれ。慶應義塾大学大学院後期博士課程単位取得修了。専攻は中国文学。現在、慶應義塾大学等複数の大学で、中国語中国文学、漢文学の講座を担当。全国漢文教育学会理事。渋谷ヒカリエ「川本喜八郎人形ギャラリー」展示監修。
18,480円(税込・6回分)
※別途、設備使用料900円(税込・6回分)がかかります。
平井 徹(慶應義塾大学講師)
お申し込み