推古天皇の虚像と実像

第4水曜日 14:00~15:30
5月26日~10月27日
〔5/26、6/23、7/28、8/25、9/22、10/27〕
日本書紀を読み解きながら、わが国初の女帝である推古天皇の生涯を追っていきます。この頃朝廷では蘇我本宗家が実権を握っていましたが、崇峻天皇が蘇我氏と対立し、馬子が刺客を放って天皇を暗殺するといった衝撃的な事件が発生。これが女帝の誕生に大きく影響しました。推古は度重なる即位の要請を辞退しましたが、摂政として聖徳太子を起用することなどを条件に、即位を受諾しました。推古朝には、遣隋使の派遣や冠位十二階、憲法十七条など重要な施策が聖徳太子の事績として語られますが、これに推古女帝はどのように関与したのでしょうか。また、推古、太子、馬子の力関係から女帝の実像に迫ります。

★カリキュラム
第1回 欽明朝以降の王権と蘇我氏の台頭
第2回 推古の生い立ちと崇峻天皇の暗殺
第3回 推古女帝即位の歴史的意義
第4回 対隋外交と太子・女帝・馬子
第5回 冠位十二階と憲法十七条の実態
第6回 推古の崩御と皇位継承争い
※テーマの入れ替えがある場合もあります。

★講師プロフィール★
1956年生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程修了。法学博士。現在、慶應義塾大学法学部教授。専門分野は、古代史、皇室典範(皇位継承問題)。著書に『歴代天皇総覧』(中公新書)、『女帝誕生』(新潮社)、『象徴天皇制と皇位継承』(ちくま新書)など。
18,480円(税込・6回分)
※別途、設備使用料900円(税込・6回分)がかかります。
笠原英彦(慶應義塾大学法学部授)
◆持参品 筆記用具、必要であれば辞書など
お申し込み