東京文学散歩part2
東京の文人たちと作品を訪ねる

第3金曜日 10:30~13:00 
9月17日~12月17日 全4回
[9/17、10/15、11/19、12/17] 
※集合は開始10分前。
※現地集合・解散、交通費、入館料各自。

明治・大正・昭和にかけて、多くの人々が東京に集まってきました。そんな中に多くの著名な文学者・作家が誕生して多くの作品を残しています。それらの作家と作品に登場する場所を現在の街並と比較しながら散策しましょう。


◆カリキュラム 
※コースは各回4~5㌔のコースになります。※移動時の交通費は自己負担となります。

第1回 「夏目漱石が住んだ早稲田から神楽坂」
夏目漱石の生誕の地や早稲田大学出身の文学者たちの足跡と神楽坂の花街に集う文学者を尋ねます。
穴八幡神社―高田馬場跡―早稲田大学大隈講堂前―夏目漱石生誕地―夏目坂経由―宗参寺―漱石山房―草間彌生美術館前―松井須磨子墓―泉鏡花旧居―尾崎紅葉旧居―神楽坂経由―善福寺―神楽坂花街―JR飯田橋駅
【集合】メトロ東西線「早稲田駅」2番出口
【解散】JR「飯田橋駅」

第2回 「大正から昭和の馬込文士村と池上本門寺」
大正から昭和にかけて馬込村に集った文士たちと日蓮ゆかりの池上本門寺を歩きます。
郷土博物館―文士村散策(熊谷恒子・尾崎士郎・宇野千代・川端康成他旧居)―川端龍子記念館―汐見坂経由―池上本門寺―池上駅 
【集合】都営浅草線「西馬込駅」東口
【解散】東急池上線「池上駅」

第3回 「お茶の水・神田界隈の文人たち」
漱石・鴎外・一葉・獅子文六・井伏・池波正太郎他、神田界隈は、明治から大正期に私学が多く設立されます。多くの若人から著名な文人墨客が輩出されます。ゆかりの人物、作品に描かれた場所を訪ねます。
ニコライ堂―駿河台―旧文化学院―明治大学―山ノ上ホテル―錦華小学校―神田教会―西神田公園―専修大学―神保町古書街―神保町駅
【集合】JR「御茶の水駅」聖橋口
【解散】都営新宿線・三田線「神保町駅」

第4回 「日本橋から人形町界隈の文人たち」
紅葉・鏡花・谷崎・江戸時代から商業の街として繁栄した日本橋には、多くの文人墨客が集まりました。明治・大正・昭和の時代に描かれた日本橋ゆかりの作品と文人たちを訪ねます。
三越―日銀前―常盤橋公園―西河岸―日本橋―コレド室町―江戸橋―小舟町―人形町―水天宮―水天宮前駅
【集合】日本橋三越本店ライオン像前
【解散】東京メトロ半蔵門線「水天宮前駅」
※集合時は通行の妨げにならぬようマスク着用でお集まりください。 ※欠席の連絡は前日17時までにご連絡ください。
※公的・私的を問わず施設などへの見学及び入館は、そこの規則・基準にのっとりますのでご了承ください。

★講師プロフィール 
1940年台東区浅草生まれ。「街歩き」に興味があり散策ガイド歴20年。  
「歴史ウォークの会」主宰。「NPO東京シティガイドクラブ」会員、江戸歴史検定2級。
◆受講料  12,320円(税込・4回分)  
◆保険料 640円(税込・4回分) 
◆資料代 880円(税込・4回分) 
岡部俊夫(「歴史ウォークの会」主宰)
◆持参品 帽子、雨具、筆記具、保険証のコピー 
※歩きやすい靴と動きやすい服装で参加ください。    
※小雨決行。雨天荒天の場合は原則翌週金曜に延期し、不参加でも返金はできません。中止の場合はご返金します。(延期または中止連絡は、講座の前日とします。)
お申し込み