古地図でよみとく神楽坂の魅力

7月24日(土)、8月7日(土) 全2回
10:30~12:00
みなさん、こんにちは!今年も暑い夏になることでしょう。そこで、考えました。涼しい教室で、古地図でめぐる東京の人気スポットをテーマとする座学を開講しよう、と。
さて、どこにするか? 現在、人気のある場所で、歴史的な秘話のあるのは、一体、どこだろうか? 取材の結果は、講座名のとおりです。江戸の山の手の武家地として整備され、明治以降に“花街”となり、いま人気スポットとなっています。その知られざる逸話の数々を紹介いたします。


★講座内容
第1回(7/24) 江戸時代の秘話・・・神楽坂誕生と名称の由来
第2回(8/7) 明治・大正・昭和の歩み・・・“花街”の誕生と渋沢栄一


★講師プロフィール★ 
早稲田大学政経学部卒業。江戸文化研究家・歴史家として、著述や講演、テレビ・ラジオ出演、テレビの監修・時代考証、江戸歴史文化検定試験の関連講座“江戸楽アカデミー”の講師など、幅広く活動中。また当センターでも「【てらこや式】古文書くらぶ」と「ぶらり「お江戸」歩き」の講座を担当。著書に『江戸・戦国のくずし字古文書入門』(扶桑社新書)『図解 江戸の落語』(青春新書)『書いておぼえる江戸のくずし字いろは入門』(柏書房)など。
6,600円(税込・2回分)
※別途、設備使用料300円(税込・2回分)がかかります。
※キャンセルは1週間前まで。それ以降は全額お支払いいただきます。
◆教材費:1,100円(税込)
※5月28日発売、菅野俊輔監修 宝島社発行『古地図で楽しむ神楽坂さんぽ』をテキストに使用します。

菅野俊輔(江戸文化研究家)
お申し込み