飛鳥の大王、天智・天武両天皇の実像
― 壬申の乱をめぐる人間模様 ―

第4水曜日 14:00~15:30
11月24日~2022年4月27日
[11/24、12/22、1/26、2/16、3/23、4/27]
2月は第3週です。
飛鳥時代も終盤に登場する二人の兄弟天皇、天智と天武。この二人の天皇は大化改新の序幕をなす六四五年の乙巳の変で俄かに飛鳥の朝廷に姿を現しました。兄、中大兄皇子も弟、大海人皇子も皇極女帝が生んだ同母兄弟で、母天皇の奮闘で皇位継承資格者へと登りつめてゆきます。しかし近江朝廷で即位した天智と皇太弟、大海人は抜き差しならぬ対立から古代最大の内乱、壬申の乱を引き起こし、吉野にあった弟、天武が即位することに。両天皇の駆け引きをめぐり多くの皇族や豪族、そして女性たちの悲喜こもごもの人間ドラマを皆さんとともに堪能してみたいと思います。

★講師プロフィール★ 1956年生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程修了。法学博士。現在、慶應義塾大学法学部教授。専門分野は、古代史、皇室典範(皇位継承問題)。
著書に『歴代天皇総覧』(中公新書)、『女帝誕生』(新潮社)、『象徴天皇制と皇位継承』(ちくま新書)など。

★カリキュラム
第1回 母天皇・皇極女帝と皇位継承の異変
第2回 中大兄皇子と母天皇、中大兄と中臣鎌足
第3回 近江朝廷の人間模様、藤原氏の誕生
第4回 天智の病床と大海人、対立の火種
第5回 壬申の乱と賊軍・大海人、天武の即位
第6回 天武から持統へ、飛鳥の大王と女帝
※テーマの入れ替えがある場合もあります。
18,480円(税込・6回分)
※別途、設備使用料900円(税込・6回分)がかかります。
笠原英彦(慶應義塾大学法学部教授)
◆持参品:筆記用具、必要であれば辞書など
お申し込み