良寛の生涯を訪ね歩く

毎月第3土曜日  11:00~12:30
10月19日~2020年3月21日  
〔10/19、11/16、12/21、1/18、2/15、3/21〕 
良寛は「謎」に満ちた人です。波乱に富んだ前半生を経て人里離れた庵で僧とともに詩歌人とも言える一人暮らしを貫きました。良寛自身、そうしたどっちつかずの自分を漢詩などで揶揄的に表現もしています。にもかかわらず、幸せ感やゆとり、悟りのようなものが自然に良寛からは漂ってきます。それは一体、どうしてなのか?生誕から晩年までの思想変遷やそこに繁栄される生き方などを、ゆかりの地や文献資料をもとに良寛の「謎」に迫ります。現代コンピューター社会における人間存在のアイデンティティーの再発見を目指して。

★講師プロフィール
文芸評論家。論文「良寛の思想の現代的意味」で博士号授与(早稲田大学)。日本文化社会学会会長。元毎日新聞社編集委員・環太平洋大学教授兼図書館長。著書は「良寛の四季」(岩波書店)等多数。
16,800円(税別・6回分)
設備使用料:900円(税込・6回)
荒井 魏(元毎日新聞学芸部編集委員・環太平洋大学非常勤講師・早稲田大学人間科学博士)
お申し込み