脳が目覚めるアート塾

描くこと・造ることを楽しみながら右脳を活性化

第2土曜日 13:30~15:30
7月13日~12月14日  全6回
[7/13、8/10、9/14、10/12、11/9、12/14] 


独自のアートカリキュラムにそって創作活動をすることにより、脳機能の活性を促すことを目的として開発された臨床美術。美術の手法からとくに「感性の脳」といわれる右脳を活性化させる作用が強いものを選んでいます。モチーフを単に見たままそっくりに創作するのではなく、五感(視覚、味覚、嗅覚、触覚、聴覚)を総動員してモチーフを感じ取り、そこから得られたイメージを描きます。まさに芸術家の脳の状態を体感します。
臨床美術士が一人ひとりの参加者にそった働きかけをすることで、その人の意欲と潜在能力を引き出します。
脳の活性化や心を癒す力があるとされる絵画や造形活動は毎日の生活に潤いをもたらします。


15,000円(税別・6回分)
3,000円(税込・6回分)
迫田正子(臨床美術士)ほか2名
★ テーマ
7/13  みょうがの量感画
8/10  大輪の花火
9/14  花空間
10/12 金彩野草図
11/9  トレーシングペーパーに描く玉ねぎ
12/14 フォトフレームに描く


持参品:クロッキー帳(A4ぐらい 練習用)
お申し込み