古文書入門

―江戸の文字もじ講座―

第1水曜日 10:30~12:00
6月5日~11月6日  全6回
[6/5、7/3、8/7、9/4、10/2、11/6]
皆さん、江戸のくずし字、古文書を読んでみませんか。
はじめての方、体験はあるけどなかなか読めないと思われる方、そんな皆さんの受講をお待ちする入門講座です。
 毎月1回、江戸時代のくずし字を「読み・書き」していた手習いの「てらこや」のテキストから始めて、まずは「かな」(江戸の仮名)と字母の「漢字」に慣れることを目標とします。同時に授業の後半では、江戸のベストセラーとなった作品(絵草紙)を読みます。「絵」と「文」からなっておりますので「絵」で江戸の風景などを想い描きながら、くずし字の「文」を読み進めましょう。
 授業のモットーは「ゆっくりと、ていねいに、しっかりと」です。江戸のてらこやと同じく、江戸の文字(テキスト)を読むだけではなく、ときに黒板(書道の半紙?)に書くことを通じて読み進めるという試みもしたいと思っております。


★講師プロフィール
東京生まれ。早稲田大学政経学部卒業。江戸文化研究家・歴史家として著述のほか、講演・テレビ出演、古文書講座・江戸学の講座など幅広く活動中。著書に『江戸の長者番付』『図説 江戸の落語』(ともに青春新書)、『江戸っ子が惚れた忠臣蔵』(小学館)など。
15,000円(税別・6回分)
1,200円(税別)
※テキスト『書いておぼえる江戸のくずし字いろは入門』菅野俊輔・編著 柏書房
菅野俊輔(江戸文化研究家)
早稲田大学政経学部卒業。江戸文化研究家・歴史家として著述のほか、講演・テレビ出演、古文書講座・江戸学の講座など幅広く活動中。
お申し込み