宝塚・好奇心!

―宝塚を思い切り楽しむ―

第2火曜日 13:00~14:30 全6回
9月10日~2020年2月4日  
〔9/10、10/8、11/12、12/10、1/14、2/4〕
※2月は第1週です。
宝塚歌劇を覗いてみませんか? 
今年、415年の伝統を刻む男性だけの歌舞伎には及びませんが、女性だけの宝塚歌劇も創立104年目を迎えています。世界に誇る日本独自の芸能文化です。
本講座は、宝塚歌劇大好きな老若男女によるトークサロンと捉えます。たっぷり嵌っている人も、少し知っている人も、初めての人もともに楽しめる各回テーマ主義の講座です。宝塚の歴史から、作品から、スターから、ユニークな組織形態から興味あるキーワードを抽出して解説、皆様を談論風発に誘います。

<カリキュラム>
第1回(9月10日)=退団=卒業=さよなら公演の儀式について
―星組トップコンビの同時退団に触れて―

第2回(10月8日)=明日海りお研究!
―男役の正統派か妖精派か、アイドルの系譜

第3回(11月12日)=続・明日海りお研究!
―花組退団公演における存在確認―

第4回(12月10日)=ウィーン・ミュージカルとは?
―「エリザベート」に端を発する英米作品との相違―

第5回(1月7日)=星組新トップコンビの船出…
―19年末のお披露目を終えた礼・舞空コンビの魅力―

第6回(2月11日)=宝塚歌劇とギャングの相性とは?
―雪組「Once upon A Time In AMERICA」を参考に―

★講師プロフィール
1943年、東京生まれ。慶應義塾大学法学部法律学科卒業。新聞記者として28年間、文芸、演劇に携わり、98年退社後、演劇中心に新聞、雑誌他で劇評、コラムを執筆、また宝塚関係の講座、講演活動も行っている。宝塚観劇歴51年。元愛宝会幹事。日本演劇協会会員。著書に「タカラジェンヌの妖精物語」など。
15,000円(税別・6回分) 
石井啓夫(演劇コラムニスト)
新聞記者として28年間文芸・演劇に携わり、98年退社後、演劇中心に新聞、雑誌他で劇評、コラムを執筆。
筆記用具をご持参ください。
お申し込み