~やさしく楽しく上達する~
光と陰の東京スケッチ

第2・4月曜日 11:00~15:00
10月11日~2022年2月28日 全10回 
〔10/11・10/25、11/8・11/22、12/13・12/27、1/10・1/24、2/14・28〕
季節の移り変わりを感じながら、東京の風景を描きます。やさしく、楽しく(最短距離で)上達する水彩画を指導します。すべて屋外スケッチ。

10/11 下町情緒の谷中界隈
10/25 旧商船大学を望む 相生橋・中之島公園
11/8 武蔵野の面影残す 井の頭公園
11/22 都心の渓谷 等々力渓谷
12/13 江戸情緒をたずねて 浅草寺
12/27 哲人の杜 哲学堂公園
1/10 日本永代蔵いまいずこ 永代橋
1/24 隅田川でもっとも優美な清洲橋
2/14 五十三次今は昔 日本橋
2/28 日本の鉄道の中心 東京駅

※原則、スケッチ会は雨の場合でも実施します(明日、台風が上陸すると集合も困難という場合は除きます。その場合は事前に連絡します)。したがって、定刻に集合場所に集合願います。どうしてもスケッチ会が実施できない場合、後日補講をいたします。

★講師プロフィール
1946年東京生まれ。難波田龍起先生に師事。武田信吾先生(水彩画家)に水彩画を、小尾修先生(油彩画家、白日会)にデッサンを学ぶ。画風は、風景を主体とした白塗りを残すタイプの透明水彩画。毎年、イタリアを中心に取材旅行(3~4週間)。個展(「杉山陽一の写生帖」)を毎年開催。ほかにグループ展も多数。日本スケッチ画会理事、目黒区美術家協会会員、案山子写生倶楽部主宰。
33,000円(税込・10回分)
※保険料別途 1,600円(10回分)
杉山陽一(水彩画家)
画風は、風景を主体とした白塗りを残すタイプの透明水彩画。個展を毎年開催。
※原則、スケッチ会は雨の場合でも実施します(明日、台風が上陸する場合や集合も困難という場合は除きます。その場合は事前に連絡します)。したがって、定刻に集合場所に集合願います。どうしてもスケッチ会が実施できない場合、後日補講をいたします。

◆持参品
鉛筆、水彩紙、透明水彩絵の具、水彩画用筆、消しゴム、水筒など
イス、昼食各自
※すでに持っている方はご自身の画材をお使いください。
※画材をお持ちでない方は、初回は鉛筆(2B)、消しゴムだけお持ちください。
※画材を購入される方は、講師指定の画材がおすすめです。初回にご説明します。

★1回体験もできます!参加費:3,460円(3,300円+保険料160円)
お申し込み