古典和歌・俳句で味わう日本語の美

第2水曜日 10:30~12:00
11月14日~2019年4月10日 全6回
[11/14、12/12、1/9、2/13、3/13、4/10]
百人一首をはじめとする古典和歌、芭蕉や蕪村、一茶などの俳句を楽しみます。図版なども用いながら、分かりやすく説明していきますので、初心者の方もご遠慮なくお越しください。毎回、15~20首(句)を歴史背景とともにご紹介します。
近代短歌を切り開いた正岡子規は「古今集はくだらぬ集」と言い放ちましたが、それは裏返せば、古今和歌集などの伝統がそれだけ影響力を持っていたということです。季節のモチーフ、歌題の深め方、繊細な技巧の言葉の芸術を味わい、ご自身の言葉と感受性の引き出しを増やしてみませんか。

★講師プロフィール★
塾で教えつつ、カルチャースクール・公民館の古典入門講座を担当。笑いやたとえ話を交えた講義は分かりやすいと好評。著書に『徒然草 兼好が教える人生の流儀』『英語にできない日本の美しい言葉』(青春出版社)など。東大教養学部卒。
15,000円(税別・6回分) 
吉田裕子(国語講師)
塾で教えつつ、カルチャースクール・公民館の古典入門講座を担当。著書に『徒然草 兼好が教える人生の流儀』『英語にできない日本の美しい言葉』(青春出版社)など。
お申し込み