バラの文化史

第2水曜日 15:30~17:00
4月10日~9月11日  全6回
[4/10、5/8、6/12、7/10、8/21、9/11]
※8月は第3週です。
人々から長年愛されてきたバラは、さまざまな文学や芸術のテーマになり、歴史にも多くのエピソードが残されています。本講義では文学・歴史・芸術などから興味深いエピソードを紹介し、「万華鏡のようなバラの世界」へ皆様をご案内いたします。毎回数多くのバラの写真・図版とともに、その見どころや豆知識を味わう「室内バラ鑑賞ツアー」に、あなたもいらっしゃいませんか?

★カリキュラムと各回の内容
第1回(4/10) バラ色の人生と星の王子     …… バラの色・形・香り
第2回(5/ 8) バラの名前と神話をたずねて  …… 古代ギリシャ・ローマのバラ
第3回(6/12) 西洋バラ文化概観          …… 女神と聖母、ルネサンス絵画のバラ
第4回(7/10) シェイクスピアからホームズへ …… 文学・映画のバラ
第5回(8/21)「薔薇」の正体を探る        …… 万葉集・枕草子・漢詩のバラ
第6回(9/11) 日光東照宮から正岡子規へ   …… 日本画と俳句・短歌のバラ

★講師プロフィール★
1955年生まれ。早稲田大学第一文学部フランス文学科卒業後、出版社で約270点の書籍・辞典の編集に携わる。早稲田大学オープンカレッジで「バラの文化史」、中日文化センターで「ケルトの歴史と文化」の講座をもち、平塚市の花菜ガーデンで講師を務める。
主な翻訳書・・・ヘイウッド『ケルト歴史地図』、ギフォード『ケルトの木の知恵』、スミソニアン協会『地球博物学大図鑑』(共訳、「植物」「菌類」を担当)など。

15,000円(税別・6回分)
田中稔久(翻訳家・編集者)
お申し込み