大久保信子の着付術

第3水曜日 16:30~18:30
10月16日 ~2020年3月18日 全6回
〔10/16、11/20、12/18、1/15、2/19、3/18〕
平成から令和に変わり、気持ちも新たになられたことと思います。
着物は四季折々の自然を表現することができる伝統文化であり、それをまとうことにより、どなたでも美しく似合う民族衣装です。「今すぐ役立つ」をモットーに、昔から伝わる技術を大切にしつつ、今のセンスも加えた手結び着付講座です。
*女性限定です。

★カリキュラム
第1回目(10/16)下着革命      裾よけと肌襦袢
第2回目(11/20)きものを着る①   大人の半幅帯結び
第3回目(12/18)きものを着る②   名古屋帯で一重太鼓(1)
第4回目 (1/15)美しい衿元を創る  半衿特訓
第5回目 (2/19)きものを着る③   名古屋帯で一重太鼓(2)
第6回目 (3/18)きものを着る④   名古屋帯で一重太鼓(3)

★講師プロフィール
東京・日本橋に三代続いた木綿問屋に生まれる。『美しいキモノ』『七緒』などの雑誌をはじめ、舞台やテレビの衣装担当もこなし、多くの女優や歌手から支持されている。歌舞伎などの伝統文化にも精通し、江戸文化研究家としても知られる。
18,000円(税別・6回分)
別途、施設使用料900円(税込・6回分)がかかります。
大久保信子(きものスタイリスト)
持ち物:半巾帯、肌着、裾除け、腰紐3本、筆記用具、和装ブラ(お持ちの方)、足袋 

※2回目以降、着物が必要となります。当日は着て来て頂くか、当センター内の更衣室にてお着替え下さい。
お申し込み