みんなで学ぶプログラミング

― 学校より一足先に始めよう ―

変則木曜日 16:20~17:50
11月14日~2020年2月6日  全6回
〔11/14・21、12/12、1/9・30、2/6〕
自動運転、病気の診断、囲碁将棋など、実に多くの分野で人工知能(AI)が人間の能力を上回るまでに進化し、現在人間がやっている仕事の多くがAIに取って代わられるのではないかと言われるまでになりました。こうした中、政府もプログラミング教育の重要性を認識し、2020年から小学校でもプログラミングが必修化されることが決まっています。本講座では難しい文法なしで動く「ビスケット」という言語で、プログラミングがどんなものかを体感しながら各人のアイデアをプログラムにし、時間の終わりにそれを披露して感想を述べ合うという形で進めていきます。
※1年生〜6年生の未経験の小学生が対象です。低学年は保護者同伴でお願いします。
※機材は弊社でご用意します。 

★カリキュラム
第1回(11/14)  プログラミングの基本(めがねの使い方)
第2回(11/21)   シミュレーション(風邪がうつる様子)
第3回(12/12) 動きのデッサン(尺取虫)
第4回(1/9)  動く模様
第5回(1/30)  ゲーム入門(卵が割れたら)
第6回(2/6)   パズルゲーム(ボール崩し)

★講師プロフィール★ 1979年電気通信大学電子計算機学科卒業後、鉄鋼メーカー等で各種システム開発に携わり、定年退職後、NPO「きゅりっと」の講師として東京都社会福祉協議会の後援事業や自治体の補助金交付事業でパソコンやスマートフォン、プログラミングの講師を担当。

18,480円(税込・6回分)
3,300円(税込・6回分)
※別途、設備使用料900円(税込・6回分)がかかります。
玉村研二(NPO「きゅりっと」プログラミング講師)
お申し込み