オンライン講座
金繕いの世界

9月12日(土) 13:30~14:50
「金繕い」とは「金継ぎ」とも呼ばれ、古くより茶道具の名物等の貴重な品々の欠損を漆によって繋ぎ合わせ、金や銀を蒔絵したものです。
茶道や骨董の世界に伝えられていたものが近年は一般の方も手掛けられるようになり、海外からの注目も高まっています。
このように金繕いが様々な人々を惹きつけているにも関わらず、発祥や歴史についてはあまり知られていないのではないでしょうか。
今回の講座では豊富な画像と実物サンプルを使い、わかりやすくご説明致します。ますます日本への関心が高まっている今、日本人の心の文化を現す「金繕い」への知識を更に深めてみませんか。

★講師プロフィール 金繕い工芸作家。神奈川県横浜市出身。美術大学卒業後、プロダクトデザイン・インテリア関係の仕事に携わる。金繕いとの出会いを機に工芸家・原一菜氏に師事。現在は金繕い請負のかたわら工房やカルチャーセンターで金繕いを始め工芸を教えている。一菜会公認会員。金繕い教室「藤那海工房」主宰。著書に「金繕いの本」(グラフィス)がある。ホームページアドレス http://www.shiratoriyukari.flop.jp/
2,860円(税込) 
※キャンセルは1週間前まで。それ以降は全額お支払いいただきます。
白鳥由加利(金繕い工芸作家・一菜会公認教授)
オンライン講座の受講案内についてはこちらをご覧ください

★注意事項
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。「Zoom」は簡単にダウンロードでき、パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者様側のお名前や映像、音声は配信されません。
・開講日の3日前に申込メールアドレスに講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。
メールが届かない場合は m-culture@mainichi-ks.co.jp までお問合せください。
*携帯アドレスは届かないことが多いため、gメールなどのフリーメールかパソコンのメールアドレス推奨です。
・オンライン講座の申し込みは開講日の3日前までHPのみで承ります。なお、定員になり次第受付は締め切らせていただきます。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合は m-culture@mainichi-ks.co.jp までご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。

お申し込み