刻字と雅印

第1・3月曜日 18:00~20:00
刻字は、書を立体化することによる文字の表現、色彩の美しさなど、新しい魅力と多様性を生み出すものです。書く、刻る、仕上げる、というプロセスは、手づくりの醍醐味を教えてくれます。室内装飾性としても世界的に親しまれています。
また「雅印」「篇額」など、作品は生活の場に活かされています。
21,120円(税込・3ヶ月分前納)
※別途、設備使用料900円(税込・6回分)がかかります。
ノミ一式、板、彫刻刀、筆、墨他 約7,000円
佐川雲窓(毎日書道展審査会員 日本刻字協会顧問)
◆カリキュラム   
*文字の成り立ち(篆書、隷書の書き方)・・・基本から創作まで
*生活の書をつくる・・・刻字作品づくり(表札などの応用作品)雅印づくり

持ち物:雑巾
お申し込み