楽しいかな書道
~手習いのすすめ~

第1・3木曜日 10:30~12:00
1期 1年 以降継続
紫式部は「源氏物語-梅枝巻」の中で「すべてが劣っていく末世だが、仮名(かむな)の書だけは、すばらしい」と記しています。千年以上の歴史のある、かな文字には、日本の美意識が凝縮しています。基礎のいろはから学び、かなの母体である漢字も学びます。美しい日本の言葉を表現する日常書から創作まで、かな書道の豊かな世界をひもとき、ともに楽しんでまいりましょう。初めて筆を持つ方はもちろん、学びを深めたい方、書くことに興味のある方、是非ご一緒に!

◆授業内容予定
―かな― かな文字の字源、いろは歌、連綿(かなのつづけ書き)、和歌、俳句
―実用― 芳名帳、手紙、宛名書き
―漢字― 漢字の基本「永字八法」より楷書、行書、草書の各書体を学ぶ。

★講師プロフィール 6歳で飯島春敬主宰の春敬書道院に入門。その後、飯島敬芳に師事し、
かな書道を学ぶ。現在、毎日書道展審査会員、日本書道美術院評議員、かな書道作家協会
理事、平安書道研究会臨書指導部講師、書道研究手毬會主宰。


<1期>  15,180円(税込・3カ月分前納)
<継続> 18,480円(税込・3カ月分前納)
※期 間:<1期> 1カ年  <継続> 以降
※別途、設備使用料900円(税込・3カ月分)がかかります。
1,100円(税込・3カ月分前納)
鷹野理芳(毎日書道会評議員、日本書道美術院評議員)

◆持参品   筆、墨、半紙(教室でも販売しております)
       ※文鎮、硯、下敷、水差し・・・(教室でも用意してあります=無料)
お申し込み